株の急騰・急落から投資家を保護するため、日本の株式市場には1日の値幅制限があります。そして、その値幅の上限で売買が停止した状態を「ストップ高」と呼び、株価の急騰を意味します。ストップ高の銘柄を見つけた時は、「買い」「見送り」どのような姿勢でトレードに臨めばよいでしょうか? 今回は、ストップ高銘柄への投資について考えていきます。※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。