「指値注文」か「成り行き注文」か、株式投資の経験が浅い人はよくわからずに、なんとなく選んでいるのではないでしょうか。成り行き注文は、予想外の価格で約定してしまうことがありますが、場合によってはとても便利な注文方法です。では、どんな時に成り行き注文が適しているのか、考えてみましょう。※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。