「我が家は大丈夫」と思っている家庭こそ、相続発生時、トラブルが発生してしまうものです。事前に知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は、認知症や重篤な病の治療中の被相続人が作成した「公正証書遺言」が無効とみなされたケースについて見ていきましょう。