コロナ禍で住宅ローン破綻のニュースが相次いでいます。「無理な資金繰りではなかったはず。職を失い払えなくなった」…のでしょうか。そもそもの返済額に「自分の知らないお金」が積まれていたら? 多くのサラリーマンが知らない事実がここに。 ※本記事は、奥本健二氏の著作『年収400万円で建てる 都心の注文住宅』(幻冬舎MC)から抜粋、再編集したものです。