コロナ感染拡大により緊急事態宣言が延長されたものの、東京都の感染者数は連日減少し、多くの地方で規制緩和の動きも始まった。町を歩いたら、数週間前より人通りが増えたことを実感する人も多いことだろう。一方で、「第2波」を懸念する声も高まっている。一足早く収束傾向にある中国では、どのような対策が講じられているのだろうか? 医療ガバナンス研究所の医療通訳士・趙天辰氏が語る。 ※「医師×お金」の総特集。GGO For Doctorはコチラ