日本政府が抱える巨額の財政赤字を見て「もうじき日本は破綻する!」と、悲観的な未来予測を展開する識者やマスコミはあとを絶ちません。しかしその一方、日本国債の人気は依然として高く、いまだに多くの投資家たちに買われ続けています。その背景には、どんな理由があるのでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。