コロナ禍、アメリカではオンラインによる公証手続が急速に広まっています。公証はアメリカでも広く行われており、アメリカで不動産を売買する場合など、必ずついて回ります。アメリカは日本と違って公証役場が存在せず、有資格者が構えたオフィスに赴いて手続を依頼しますが、これがオンラインで完了できることになり、利便性が一気に向上しました。国際法務に精通する中村法律事務所の中村優紀代表弁護士が解説します。