世界有数の医療先進国でありながら、病気になる前に予防する「予防医学」の浸透が遅れている日本。なぜ、日本人の予防意識が高まらないのか。その大きな要因として挙げられるのが「国民皆保険制度」です。治療費の自己負担が少ないのは大きなメリットですが、「病気になったら治せばいい」という考えで医療に依存するのは危険です。予防意識を高めるため、本稿では「国民皆保険制度」が抱えるリスクや弱点について見ていきましょう。歯科医師の金子泰英氏が解説します。