ブログやTwitter、Facebook…時間や場面を問わず、誰でも簡単に情報発信が可能となった今、「1憶総書き手時代」が到来したといっても過言ではない。SNSは個人だけでなく企業にとっても強力なアピールの場だ。しかし実際に「多くの人に読まれ、拡散されていく」文章、すなわち「バズる」文章を書くにはどうすればよいのか? 書評サイト「HONZ」を主催する筆者が解説する。※本連載は、成毛眞氏の著書『バズる書き方』(SBクリエイティブ)より一部を抜粋、再編集したものです。