コロナショック以後、世界経済は先行きの見えない不透明感に包まれています。株式市場や為替市場も不安定性を増すなか、安定的な資産運用をかなえる投資対象が見つからず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。本記事では、そのようなニーズに応える投資商品のひとつ「太陽光発電ファンド」について、株式会社フィンテックエナジーの代表取締役、武田雄大氏から概要をうかがいました。前編・後編の2回に分けて紹介します。