高齢化、少子化、貧困、教育……日本にはさまざまな社会問題が山積しています。その解決法として注目されているのが「寄付」「遺贈寄付」であり、その文化を広めることが課題となっています。一方で寄付大国と称されるアメリカ。そこにどのような違いがあるのでしょうか。公益財団法人 お金をまわそう基金の代表理事、澤上篤人氏が解説します。