多くの企業がリモートワークを推進し、業務のシームレス化が進む一方、サイバー犯罪のリスクが高まっている。とくに懸念されるのが「クラウドジャッキング」と「クラウドマイニング」だ。一体どのようなものか。サイバーセキュリティとデータ保護の専門企業であるウェブルート株式会社が、中小企業のサイバーレジリエンス戦略について解説する。※本記事は、ウェブルート株式会社シニアマーケティングマネージャー・丹羽史明の書下ろしである。