会社員や公務員は公的年金が給与天引きされますが、自営業者、自営業者の配偶者、無職の方といった、いわゆる第1号被保険者の方は、国民年金を自ら納付するスタイルが基本です。その場合、納付を忘却してしまう、手持ちのお金がない等の事情により「未納期間」を発生させてしまうことがあります。国民年金の未納期間が、将来の年金受取額にどれほどの影響を及ぼすのか、実際の数字を検証します。