商社マンの夫と専業主婦の妻は、高齢となった夫の母親と同居しつつ平穏に暮らしています。しかし、そこに問題のタネがありました。それは「離婚した子連れの妹」の存在です。夫婦には子どもがないため、相続が発生すると、気の強い妹が、かつての父親の相続時と同様のトラブルを引き起こす可能性があるからです。防ぐ手立てはあるのでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。