実の親子同様に深い信頼関係を築いていた養父と義理の娘。実母亡きあとも親しく行き来していましたが、突然養父が亡くなったことで、とんでもないトラブルが持ち上がりました。社長業に忙殺されていた養父は、相続準備に着手できていませんでした。