相続人に認知症の方がいる場合、遺産分割協議ができません。全相続人の相続がストップする事態を避けるには、どうすればよいのでしょうか? 万が一の解決策、親が元気なうちから取り組むべき事前策を解説します。※本連載は、OAG税理士法人取締役の奥田周年氏監修の『親が認知症と思ったら できる できない 相続 暮らしとおかねVol.7』(ビジネス教育出版社、『暮らしとおかね』編集部)より一部を抜粋・編集したものです。