一般に女性のほうが長生きするもの。それゆえにパートナーに先立たれることは珍しくありません。実際、多くの「夫を亡くした妻」からの相続の相談が絶えません。今回のテーマは「配偶者居住権」。法改正に伴い、残された配偶者の生活を手厚く保護するために創設されました。メリットや利用条件についてサクッと解説。※本連載は、司法書士・行政書士の坂本将来氏、税理士の古谷佑一氏による共著『奥様のための相続のはなし』(日本法令)より一部を抜粋・再編集したものです。