「相続」はトラブルに発展しやすいもの。知識を身につけ、もしものときに備えておく必要があります。今回は、こすぎ法律事務所弁護士の北村亮典氏が、夫の死後、義親の所有する家に住み続けられるのか(使用貸借契約の借主の地位の相続可否)解説していきます。