亡くなった方の配偶者が取得した財産には、一定額までであれば相続税がかからない「配偶者控除」という制度があります。しかし、この制度をよく知らず、むやみに適用してしまうと、得をしたつもりが実は数百万円・数千万円も損をしてしまうこともあります。正しい知識を身に付け、もしもの時に備えましょう。今回は、ブラッシュメーカー会計事務所の税理士である坂根崇真氏が、相続税の「配偶者控除」について解説します。※本記事は 「あんしん相続税」掲載の記事を転載・再編集したものです。