2020年7月8日、コインチェックを買収したマネックス証券がCFD取引(現物を保有せずに、ポジション保有時と決済時の差額の利益を得られる取引)の導入を発表し、 8月28日にはSBI証券も暗号資産CFDの取り扱いを開始しました。今回は、暗号資産取引を提供する方法である「暗号資産CFD」の導入が、市場にもたらす影響について解説します。*今連載では、仮想通貨情報サイト「ゴールから考えるFinteX」を運営するBULLヒロ氏が仮想通貨投資の「これから」を考察します。