インドは変異ウイルスへの感染が4月頃から急拡大し、深刻な感染状況に見舞われました。インド中銀の前回の金融政策決定会合は4月7日であったので、今回は実質的に感染拡大後、初の会合と見られます。インドはインフレ率上昇にも懸念が残ることから、まずは金融緩和姿勢を維持し、景気回復を最優先させたと見ています。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。