日本政府が抱える巨額の財政赤字が、国内外から危険視されています。日本の破綻を懸念する声は高まるばかりですが、現実問題として、日本国債の暴落はいつ起きてもおかしくないのです。日本政府の破産懸念が高まり、日本国債の売り注文が殺到して国債価格が暴落、その反動で外貨の買い注文が殺到…。しかし、その先には意外なシナリオが想定されます。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。