「持分あり医療法人」の新設が不可能となって以来、厚労省は様々な優遇措置を掲げて「持分なし」への移行を推進しています。しかし「持分なし」にも「持分あり」にもそれぞれのメリット・デメリットがあることから、「どちらを選ぶべきか」「どちらが優れているのか」と悩む人も少なくないでしょう。認定医療法人制度の認定再開が迫る今、あらためて各制度の特徴を整理します。