新型コロナ感染拡大が続くなか、治療の最前線で働く医師に注目が集まっている。厚生労働省は2021年3月、第115回医師国家試験の大学別合格発表を行った。出願者数1万160人、受験者数9910人、合格者数9058人、合格率は91.41%で、前年(2020年)の92.1%と比べ0.7ポイント減少。1位は2年連続の合格率100%の全員合格した自治医科大学。大学別の合格者はどうだったのか。ジャーナリストの伊波達也氏が大学別合格ランキングについて解説する。