「医師」と聞くと、世間では「安定して高収入を稼げる」「食いっぱぐれることのない職業」というイメージがあるでしょう。子世代の「就きたい職業」としても、親世代の「就かせたい職業」としても医療系の比率が増しつつあり、医学部人気も年々高まっています。しかしながら、現役医師の労働状況は世間の想像とは大きくかけ離れています。実態を知っても「医師=安定、稼げる職業」と言えるでしょうか。