医学部特有の入試試験「地域枠」。奨学金・就学資金の貸与があることから、一般家庭から医師を目指す受験生にとっては極めてありがたい制度に思われる。ところが筆者はこの地域枠を推奨せず、むしろ「現代の人身売買である」と厳しく指摘する。一体なぜなのか? 地域枠の本質、地域枠で入学した医学生に起きたこと…医学界の実態を明かす。※本連載は、上昌広氏の著書『ヤバい医学部』(日本評論社)より一部を抜粋・再編集したものです。