新型コロナワクチンの接種が進む米国では経済再開が加速している。直接給付金によって蓄積した過剰貯蓄の取り崩しや、経済正常化に伴う消費機会の拡大によって、米国の小売売上高はすでにコロナ前の水準を大きく上回っている。しかし、商品の所有によって価値を見出す「モノ消費」は回復する一方、体験や経験に価値を見出す「コト消費」の回復はまだ道半ばだ。