歯科業界は「身内が歯科医だから、自分も歯科医になった」という二世歯科医、三世歯科医が多い世界です。親が歯科医だから、自分も歯科医になる。親の医院を継ぐのは当然のこと。これらが業界の常識です。ところが近年、「親の医院は継ぎたくない」という子世代や、「うちは継がなくていい、歯医者にならなくていい」という親世代が急増し、自ら廃業を選ぶ歯科医院が増えています。「大廃業時代」が訪れているいま、歯科医院経営を成功させるにはどうすればよいのでしょうか?