諸外国に比べて株式市場の回復が遅れているフィリピン。一方で、アフターコロナを見越し、絶好の仕込み時という見方も。日々フィリピン経済を調査している一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターである家村均氏が、値動きの良い小型銘柄のなかから、アップサイドポテンシャルの高そうなものを紹介していきます。