かつて広告といえば、テレビやラジオ、新聞や雑誌を使った「マス(大衆)広告」が主流でした。しかし時代はインターネット広告に移ったといっても過言ではありません。ニーズがあるかどうかわからない何百万人ものターゲットに向けて同じ内容の広告を打つより、ある程度ニーズが分かっている数百人、数千人単位のターゲットに向けてそのニーズに応える商品・サービスの広告を打つほうが効果的なことは明らかです。しかし、ネット広告は「ニーズのある人」をどうやって知るのでしょうか?