緩和的な金融政策や大規模な財政支出、アフターコロナにおける住宅需要の高まりや木材不足によるコスト高などによって、住宅価格が世界的に急騰する現象が広がっている。このまま住宅市場の過熱感が高まった場合、世界の中央銀行は現在の緩和的な金融政策を変更するのだろうか?