長引く不況、ゼロ金利政策、インフレリスクなど、老後資産の形成を目指す際に考慮すべきポイントは少なくありません。しかし、多くの人が「お金の常識」として認識している事項のなかに、老後生活を大きく損なうリスクがあるものも含まれているのをご存じでしょうか。 経済は生き物にも例えられる通り、その動きは常に変化しています。各国の情勢、テクノロジーや産業の発展、そしていままさに世界中が苦しんでいるコロナ禍といった不測の事態等の要因によって大きく影響を受けます。 変化を繰り返し、かつての常識がとっくに通用しなくなっているのに、昔に教え込まれた「お金の常識」に縛られてしまうと、いざ自分が老後を迎える際、とんでもない苦境に立たされるリスクがあるのです。 ご自分の老後資産の形成を実現するための最重要点を、元バンカーの経済評論家、塚崎公義氏が解説します。