社長が認知症になると、事業承継に深刻な影響を及ぼします。場合によっては生前の対策ができなくなることも…。愛する会社を守るにはどうすればよいのでしょうか? ここでは、社長の認知症リスクがもたらす、会社の「デッドロック」について解説します。※本連載は、坂本政史氏の著書『社長がボケた。事業承継はどうする?』(中央経済社)より一部を抜粋・再編集したものです。