近年、「成果主義」を導入する日本企業が増加しています。従来の「年功序列」は時勢に合わず、また若手社員を中心に「頑張っても無駄」とモチベーションを低下させ、離職リスクを高める要因となるため、人材を重視する経営者ほど転換を図ります。しかし本当に成果主義の導入で社員のやる気は高まり、離職は減るのでしょうか? 成果主義の導入よりも重視すべきこととは…。上場企業から中小企業まで幅広く経営支援を行う森琢也氏が、プロスポーツの例を参照しつつ解説します。