相続の際に問題となりがちな「名義預金」。名義預金とは、預金口座の名義人と実際の預金者が異なる預金のことで、相続の現場では、しばしば配偶者、子ども、孫等の名義になっている通帳等が見つかります。相続時に名義預金の申告が漏れると、あとから税務調査が入るなど面倒なことになりかねません。本記事では、名義預金の概要と注意点を解説します。※本記事は『相続専門税理士 髙原誠の「円満相続コラム」』から転載・再編集したものです。