中国のPMIに限らず中国の経済指標は、年ごとに時期が異なる春節休暇の影響の解釈を柔軟に行う必要があります。毎月公表される小売利上げ高や固定資産投資などの場合、1月分と2月分はまとめて3月に公表するという、一見、乱暴にも見える対応を行っていますが、裏を返せばそれほど春節休暇の影響が大きいと言えそうです。今年は特に解釈に慎重さが求められます。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。