中国全人代で注目を集めるその年の成長率目標が今年は6%以上となりました。国際通貨基金(IMF)などの国際機関や市場の予想が8%以上の成長を見込んでいたことから保守的な数字という印象もあります。しかし、この違いが示すのは目標設定と成長予想の違いであり、他の経済目標を見渡すと、経済運営には正常化への意識が見え隠れしているように思われます。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。