先の見通しが立ちにくいいまの時代、先々のことを考えて、少しでも資産を増やしたいものです。しかし、投資や副業を考える前にまず着手すべきは「無駄な出費の洗い出しと削減」です。 その代表的なものに「保険」があります。じつは多くの人が「不必要な保険」「ムダになる保険」に漫然と加入し続けているのです。 もちろん、自動車保険に代表されるような、加入すべき保険は存在します。しかし、ライフステージに合わなくなったものを放置していたり、そもそも論として必要性を疑問に感じるような保険商品に、毎月数万円も払い続けていたりするケースは少なくありません。 「人生100年時代」が現実となったいま、漫然と不要な支出を続けるなど愚の骨頂。 では、人生における「必要な保険」と「不要な保険」を見極めるには? 経済評論家・塚崎公義氏が平易に解説します。