新型コロナウイルスの影響が長引き、世界経済は厳しい状況下に置かれています。ところが一方では、米国株は史上最高値圏、日本株も29年ぶりの高値となっています。このような、実体経済と株価との乖離を目の当たりにすると、「もしやバブル?」と懸念を抱くかもしれません。従来型のバブルとはまた違う、見極めの難しい局面において、なにを「バブルか否か」の判断基準とすればいいのでしょうか。元バンカーの経済評論家・塚崎公義氏が解説します。