慰謝料は、「離婚をするなら必ずどちらかが貰える」というものではありません。離婚に至る原因を作った有責配偶者に対して、精神的苦痛を伴った他方の配偶者が「精神的苦痛を慰謝する」目的で請求できるものなのです。裁判上認められている相場は「200~300万円」程ですが、ケースによってはより高額な慰謝料が認められることもあります。今回は、慰謝料の請求額について実例を基に解説します。