資産運用において、長期投資は値動きのばらつきを抑えられますが、リーマンショック級の暴落が起きたときにも、なんの対策もなしに保有し続けていると、それは「リスクをとりすぎている」といえます。では、どう対策したらよいのか? 株式会社sustenキャピタル・マネジメントCEOの岡野大氏と、同社CIOの山口雅史氏が「100万円を1年間投資した場合」を例に、わかりやすく解説します。