コロナ禍においても堅調な不動産市場を維持しているベトナムですが、外国人が不動産投資をする場合、いくつか知っておくべきポイントがあります。本記事では、現地で不動産ビジネスを展開する筆者が、「キャピタル狙い」「10年保有後に売却」を推奨する理由について、詳しく解説します。