一般に女性の平均寿命は男性より長いもの。それゆえにパートナーに先立たれることは珍しくありません。実際、多くの「夫を亡くした妻」が相続の相談に訪れます。たとえば「相続税対策」や「納税資金対策」。税務署への相続税は「現金一括払い」が原則です。相続税を下げつつ、納税資金を確保するには、どのような選択肢があるのでしょうか。※本連載は、司法書士・行政書士の坂本将来氏、税理士の古谷佑一氏による共著『奥様のための相続のはなし』(日本法令)より一部を抜粋・再編集したものです。