スタッフが集まらない、せっかく採用しても育たない、すぐに辞めてしまう…人材難に直面しているのは、どの業界も同じでしょう。筆者が身を置くのは歯科業界。女性スタッフが圧倒的に多いうえに、世代間ギャップが大きいことから、どのように従事してもらい仕事を回していくべきか、苦心する職場が少なくないようです。スタッフを辞めさせないためには、どうすればよいのでしょうか? 筆者が女性歯科医の目線から解説します。※本連載は、大澤優子氏の著書『歯科衛生士のトリセツ』(かざひの文庫)から一部を抜粋・再編集したものです。