1000のうち3つしか成功できないと言われているベンチャー企業。これは確率にして0.3%と、実現不可能にも思える数字です。ところがシリアルアントレプレナー(連続起業家)が存在することも事実。明暗を分けるのは「予備知識」です。ここでは医療機器開発に特化したベンチャーキャピタリストが、医療機器ベンチャーの「成功確率を上げる」ために必要な知識とノウハウを解説します。