資産運用において、長期投資と分散投資は、値動きのばらつきを抑え、積立投資は、買値のばらつきを抑えることができます。ばらつきを抑えることで、変動リスクを抑えられますが、「変動リスクを抑える」と、どんな効果があるのでしょうか? 株式会社sustenキャピタル・マネジメントCEOの岡野大氏と、同社CIOの山口雅史氏が具体的な数字をあてはめて、わかりやすく解説します。