2020年のM&A件数は、政府が緊急事態宣言を発出した4月以降に失速の兆しが表れたものの、結果としては過去10年で最多だった昨年とほぼ同水準を維持した。いまだ新型コロナウイルス感染拡大終息の兆しが見えないなか、今年のM&A市場の見通しについて、どのように考えるべきなのだろうか。株式会社ストライク執行役員広報部長の日高広太郎氏が解説する。