新型コロナ流行以後、米ドル安をリードしてきた対ユーロ、豪ドルなどでは、米ドル安「行き過ぎ」の可能性を示す兆候が増えてきました。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、米ドル安トレンドは続くものの、そのなかの「第一波」は終了の可能性があると述べています。今回は、対ユーロ、豪ドルでの米ドル安の行方や、今後の米ドル/円は「106円攻防」に注目すべきといえる理由について解説します。