先の見えないコロナ禍、多くの人々は生活不安に苛まれています。しかし、問題は目先の生活だけではありません。不況で増税もままならぬなか、巨大な財政赤字を抱えた日本政府に、いずれ大きな問題が出現するのではないか。そんな漠然とした不安感もぬぐい切れません。しかし、日本政府は大丈夫です。この状況下にあってもなお、日本国債は買われ続け、国民(主に高齢者ですが)の懐には潤沢な資産が眠っています。筆者が考える「日本で暮らし続けても大丈夫」という論拠を解説します。経済コラムで多くのファンを持つ経済評論家の塚崎公義氏が、独自の視点で解説します。