人手不足、減らない残業、かさむ人材採用コスト…中小企業の経営課題は尽きることがありません。そんななか、生産性が大幅アップし、コスト削減や効率化が進み、人材定着率も向上すると注目を集めているのが「RPA」(ロボティック・プロセス・オートメーション)。自動化技術の一つですが、導入率は低いままです。一体なぜなのでしょうか? ※本連載は田牧大祐氏、佐々木伸明氏の共著『中小企業経営者のための「RPA」入門』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。